ブログ

キュアカラーの使い道!!

テーマ:

ブログ画像
当店のメニューにあるキュアカラーをちょい応用した使い方で魅せる【えげつないツヤ感】
髪質によって仕上がりに多少の質感の差はもちろん出てしまいますが、それでもこのクオリティ!
髪に付着するカラー物質や、残留している不純物質、角質が皆さんの髪のツヤを妨害しているんですね。

取り除いて、本来のツヤを出しましょう!!!

そして2019年、素髪を大切にデザインを造っていきましょう。

えげつないツヤ感にご興味ある方はぜひ南川にこっそりと

【えげつないツヤのやつ。。。】とつぶやいてくださいw

南川だいさく

ハイライトって何のために入れてるの?

テーマ:

ブログ画像
これから春夏に向けて明るくしたい方にオススメスタイルです。
【ハイライト】
よく耳にしたことがある単語だと思います!

なんのために入れるの?
美容師さんがハイライト入れたがるだけ?

もちろん意味はありますし、ただただ入れているのではありません。
しっかり意味がある部分に入れます!

誰にでもブリーチする訳でもなく、必要であればの話しです。
無理に傷ませる事もないですし、ブリーチせずしっかり育てるカラーもまた僕個人的にも魅力はあると思っていますけどね!

ハイライトはヘアスタイルに
【立体感をつくる】
【毛流れを見せる】
【色味の鮮やかさを作る】
【髪質を柔らかく見せる】
働きをしてくれます。

ハイライトの部分だけダブルカラーするイメージですね!

そーするとハイライトの部分と、入れていないとこで色、質感に差ができて、それが陰影になります。

全体ブリーチが苦手な方もたくさんいるかと思いますが、それに比べたらブリーチ初心者等にも体験しやすいデザインかと!

もちろん必ずブリーチを使わないとダメな訳ではありませんが、より陰影をつけたい方には必須ですね!

最近ではライトナー(カラー剤で1番明るい色)でやるデザインもさり気ない仕上がりで可愛いですよ!!

何よりスタイルに+αをしたい方には使い勝手もよく南川オススメです。

ぜひ興味がある方はまずさり気なく初めてみてはどうでしょうか?

南川だいさく

白髪染めの味方。シークレットハイライト

テーマ:

ブログ画像白髪染めに対して最近色々な試行錯誤をしてきましたが、僕的に1番信頼がある技術を紹介します!!

南川考案(本当に自分が編み出した訳ではありませんw)

嘘になっちゃいますからねw
ただ、得た知識をもとに僕なりに応用してデザインを作ってます!

【シークレットハイライト】
と言っておきましょうか。
直訳すると秘密の強調(明るく)ですね!

今までの暗くしていた白髪染めの履歴を少しずつ無くし、3度の技術で仕上げます!

根元はその都度毛先に繋がるように薬剤を選定!
ただし、独特のオレンジ味が出ないように!ブログ画像白髪率20%前後くらいでしょうかね?
シークレットハイライトを入れた後にまずは根元を赤みを出さないようにカラーします!ブログ画像絶妙な根元の色を作り、後はは毛先を活かすだけ!

毛先もいきなり明るくなりすぎるデザインだったらみんなビックリしちゃいますからね!

髪にあまり負担をかけず、少ない範囲でデザイン部分を増やして行くので仕上がり→色落ちもより自然になります。なので少しずつ時間をかけて確実に明るくし、赤味、オレンジ味も無くしていく技術ということをご理解頂けると嬉しいです!

地道にで、いいんです!地道だからこそ髪に負担もなく、確実に目的までもっていけます!

デリケートな髪質に無茶はしたくありません!

【オシャレに】白髪染めしたい方はぜひ南川までお尋ねください!全力を尽くします!

髪が傷んでるってそもそもどーいう事?

テーマ:

ブログ画像
そもそも【髪が傷んでる】って何?
どーゆー状態の事を傷んでいるって言うの?

髪の傷みは皆さんが普段何気なく過ごしている一日の中でキューティクルの損傷から始まっています!

ブラッシングやヘアカラー、パーマ等でまず髪の毛の表面、キューティクルが剥がれ落ちそこから栄養分が流れ出ます。

そして内側の傷みへと進行します!

薬剤に含まれている【アルカリ】と言う成分は髪の成分であるタンパク質を分解してしまうため徐々に髪の保湿力が無くなってきてダメージに繋がってしまうんですね。

主なダメージの原因
ブラッシング、ドライヤーの熱、シャンプー等の物理的な傷み

紫外線や、プールに含まれる塩素、カラー剤、パーマ剤でのケミカル的な傷み

ですね!
内側も外側もしっかりケアしてあげることが大切なんですね!

髪はケアをしなければ傷みます。
歯を磨かなければ虫歯ができると全く同じなんです!

髪も歯のように大切にいたわって下さいね!!

南川だいさく