ブログ

キュアカラーの使い道!!

テーマ:

ブログ画像
当店のメニューにあるキュアカラーをちょい応用した使い方で魅せる【えげつないツヤ感】
髪質によって仕上がりに多少の質感の差はもちろん出てしまいますが、それでもこのクオリティ!
髪に付着するカラー物質や、残留している不純物質、角質が皆さんの髪のツヤを妨害しているんですね。

取り除いて、本来のツヤを出しましょう!!!

そして2019年、素髪を大切にデザインを造っていきましょう。

えげつないツヤ感にご興味ある方はぜひ南川にこっそりと

【えげつないツヤのやつ。。。】とつぶやいてくださいw

南川だいさく

ハイライトって何のために入れてるの?

テーマ:

ブログ画像
これから春夏に向けて明るくしたい方にオススメスタイルです。
【ハイライト】
よく耳にしたことがある単語だと思います!

なんのために入れるの?
美容師さんがハイライト入れたがるだけ?

もちろん意味はありますし、ただただ入れているのではありません。
しっかり意味がある部分に入れます!

誰にでもブリーチする訳でもなく、必要であればの話しです。
無理に傷ませる事もないですし、ブリーチせずしっかり育てるカラーもまた僕個人的にも魅力はあると思っていますけどね!

ハイライトはヘアスタイルに
【立体感をつくる】
【毛流れを見せる】
【色味の鮮やかさを作る】
【髪質を柔らかく見せる】
働きをしてくれます。

ハイライトの部分だけダブルカラーするイメージですね!

そーするとハイライトの部分と、入れていないとこで色、質感に差ができて、それが陰影になります。

全体ブリーチが苦手な方もたくさんいるかと思いますが、それに比べたらブリーチ初心者等にも体験しやすいデザインかと!

もちろん必ずブリーチを使わないとダメな訳ではありませんが、より陰影をつけたい方には必須ですね!

最近ではライトナー(カラー剤で1番明るい色)でやるデザインもさり気ない仕上がりで可愛いですよ!!

何よりスタイルに+αをしたい方には使い勝手もよく南川オススメです。

ぜひ興味がある方はまずさり気なく初めてみてはどうでしょうか?

南川だいさく

白髪染めの味方。シークレットハイライト

テーマ:

ブログ画像白髪染めに対して最近色々な試行錯誤をしてきましたが、僕的に1番信頼がある技術を紹介します!!

南川考案(本当に自分が編み出した訳ではありませんw)

嘘になっちゃいますからねw
ただ、得た知識をもとに僕なりに応用してデザインを作ってます!

【シークレットハイライト】
と言っておきましょうか。
直訳すると秘密の強調(明るく)ですね!

今までの暗くしていた白髪染めの履歴を少しずつ無くし、3度の技術で仕上げます!

根元はその都度毛先に繋がるように薬剤を選定!
ただし、独特のオレンジ味が出ないように!ブログ画像白髪率20%前後くらいでしょうかね?
シークレットハイライトを入れた後にまずは根元を赤みを出さないようにカラーします!ブログ画像絶妙な根元の色を作り、後はは毛先を活かすだけ!

毛先もいきなり明るくなりすぎるデザインだったらみんなビックリしちゃいますからね!

髪にあまり負担をかけず、少ない範囲でデザイン部分を増やして行くので仕上がり→色落ちもより自然になります。なので少しずつ時間をかけて確実に明るくし、赤味、オレンジ味も無くしていく技術ということをご理解頂けると嬉しいです!

地道にで、いいんです!地道だからこそ髪に負担もなく、確実に目的までもっていけます!

デリケートな髪質に無茶はしたくありません!

【オシャレに】白髪染めしたい方はぜひ南川までお尋ねください!全力を尽くします!

髪が傷んでるってそもそもどーいう事?

テーマ:

ブログ画像
そもそも【髪が傷んでる】って何?
どーゆー状態の事を傷んでいるって言うの?

髪の傷みは皆さんが普段何気なく過ごしている一日の中でキューティクルの損傷から始まっています!

ブラッシングやヘアカラー、パーマ等でまず髪の毛の表面、キューティクルが剥がれ落ちそこから栄養分が流れ出ます。

そして内側の傷みへと進行します!

薬剤に含まれている【アルカリ】と言う成分は髪の成分であるタンパク質を分解してしまうため徐々に髪の保湿力が無くなってきてダメージに繋がってしまうんですね。

主なダメージの原因
ブラッシング、ドライヤーの熱、シャンプー等の物理的な傷み

紫外線や、プールに含まれる塩素、カラー剤、パーマ剤でのケミカル的な傷み

ですね!
内側も外側もしっかりケアしてあげることが大切なんですね!

髪はケアをしなければ傷みます。
歯を磨かなければ虫歯ができると全く同じなんです!

髪も歯のように大切にいたわって下さいね!!

南川だいさく

肌のケアはするのに髪のケアはなぜしない?

テーマ:

ブログ画像
お肌の乾燥を気にされている方にお聞きします!
【髪の乾燥は気にされてますか?】

肌は1枚皮なので頭皮とも繋がっています。
なのでそこから生えている髪も同じように潤いを求めています!

パーマやカラーをしていなくても生まれつき水分がなくパサつきやすい方っていますよね?
でも自分は元々こういう髪質だからと思っている人の中には実は、エアコンとか生活環境が原因でパサついている場合もあります!

夏の紫外線や室内の冷暖房、除湿機の影響で肌の乾燥を感じたことはありませんか?

そんな時、肌だけでなく髪も乾燥をしています。
なので日ごろのケアを強化してあげてください!

いつもよりしっとりするトリートメントを使う。
特に毛先にはたっぷり塗布する。
夏には肌に日焼け止めだけでなく、髪にも日焼け止め効果のあるスタイリング剤をしてあげるのがベター。
さらに水分量を整えてくれるウォーター系のトリートメントやスタイリング。

そしたら髪だって応えてくれますよ!

南川だいさく

白髪染めをしてるからカラーで楽しめない?

テーマ:

ブログ画像
少し前までは白髪染め=【真っ暗】だったり、明るくするなら派手目にしたり、髪全体を染めるのが白髪染めの主流でした。

今ではいかにも【染めました!】って分かるのを好まない方も増えてきています。

でもだからといってどうしていいか分からず、美容師さんにも上手く相談できず白髪を染めるだけにとどまってしまう方も多いのも事実ですね!

そこで!
白髪染めを3つに分類しましょー!
白髪染は白と黒のコントラスト。それをどうアプローチするかがとても大切です。

1.【隠す】白髪染め
髪全体を均一に染めて、白髪を無かったことにする一般的な方法。ただし明るさを出すに限界があるので、明るい薬では白髪に色が入りずらくなります。。。

2.【ぼかす】白髪染め
髪を完全に染めてしまうのではなく、コントラストを弱め白髪を目立たなくする方法。仕上がりもよりナチュラルに。
ハイライトやグラデーションで作っていくやり方がありますね!

3.【活かす】白髪染め
白髪の白色というメリットを活かし、色彩の綺麗さを楽しむ方法。あえて淡く色を発色させる程度にとどめ、美しさを演出させたり、最近では何もせず素のままでいるグレイヘアーがこれに該当します!

白髪がある髪だからこそできるオシャレをぜひ楽しんでみてはどうでしょうか!!

南川だいさく

ブログ画像ブログ画像

バレイヤージュってどんなスタイル?

テーマ:

名前くらいは聞いたことあるかとは思いますが、ざっくり言うと色でもなく、
【グラデーションの作り方の名前】なんです。

バレイヤージュとはほうきで履いたようなと言う意味の通り、毛先から根元に向けてグラデーションのラインをぼかしながら作るグラデーションデザインのことです!

ブログ画像こんな感じにベースを作ります。
バレイヤージュだけではないですが、ブリーチデザインはこのベース作りが何より重要!
ここで全て決まりますね!

1度流したら色を被せて終わり!

ブログ画像するとぼかして作った部分がハイライトのように筋状に出てきてこれまた可愛ーのよ☆
バレイヤージュは【前髪が短いか長いか】が結構重要です!
書き上げた前髪が筋感を作るのに大切なポイントになってきますので、かきあげれる程度前髪が長い方にオススメさせて頂きます!

短い前髪の方でも出来ないわけではないので、ご相談下さい!

南川だいさく

技術する前にシャンプーする意味って?

テーマ:

ブログ画像
美容院って1番最初にシャンプーしますよね?
まぁしないで技術を始める事もありますが、だいたいはそうします!

ちゃんと理由があるんです!
シャンプーはサービスでもなく、ちゃんと意味ある【技術】なんです!

頭皮や髪には表面だけでなく内部にも皮脂という脂があって、水分を守り髪の潤いを保ったり髪を艶やかにする役割があるんですが、コレが時間が経ち空気に触れたりしている間に汚れの原因になります。

その汚れや、スタイリング剤の残りがパーマ剤、カラー剤、トリートメントの浸透にムラを作ってしまったりなど仕上がりに大きく関わってきます!

美容院でシャンプーする理由は
・技術をやりやすくする
・薬剤の浸透を均一化する
・何より髪をキレイにする

つまり美容技術の効果を最大限に発揮させるための大切な技術なんです!

たかがシャンプー、されどシャンプーですよ!

南川だいさく

パーマってどのくらい持つものなの?

テーマ:

ブログ画像
今パーマ月間中なので。。。w

パーマをかける時に誰もが気になる事ですよね!
しっかり強くかけたパーマは長持ちして柔らかく緩めにかけたパーマは長持ちしないイメージ。。。

パーマは巻く回転数で形状が変わるんですが、
強い順から
Wウェーブ→Sカール→Cカール→Jカール→Iストレートって感じになり、徐々に変化していきます。

例えば強くしっかりしたパーマはS字を描くカール。日が経ち、カールが伸びてきてI字のストレートになってしまい、言わゆる【パーマが取れた】って感じになります。

パーマ経験がある方は何となくでもお分かり頂けるかと思います!

ざっくり、このS字カールで約2ヶ月。C字カールなら約1ヶ月。

が僕ら美容師の中での見解ですが、もちろん個人差はありますので。。。ただ、たくさんのお客様の髪を見てきた経験での目安です!!

ちょっと前は【パーマ=3ヶ月】という考えが一般でしたが、今では1ヶ月持たせるパーマも流行りの時代です!

強くかけて持ちをよくするより、自然なスタイル、質感をこまめに手入れするのが今の主流にもなっていて、パーマをかけたあとの質感だったり、傷み具合などの髪のニュアンスを大切にしています。

パーマをかける際にはぜひベストな方法をご提案させてください!

南川だいさく

毛量多いからたくさんすく。。。いいの?

テーマ:

ブログ画像
髪にボリュームが出たからすいて軽くする。
という事は、結論から言うと正しくありません!

よく、自分ですいたり、美容室ですいて貰ったりしたときに
【ツヤも無くなり、余計パサついて見えるようになってしまった】
【短い毛がぴょんぴょん出てきた】
とか、経験された方は多いかと思います。

なぜかと言うと、ヘアスタイルは毛先の形や、段の付け方、髪のすき間のあけ方など、いろいろな要素が詰まった1つの【フォルム】なんです!
だから【髪型】と言います。

なので適当に毛量を減らしたり、適当に切ったりすると完成していたはずの髪型を壊し、バランスの悪い髪型になってしまいます。。。

じゃあどうすれば?

判断基準はこの2つ!

【すくべき髪質】と【すかない方が良い髪質】

●元々毛量が多い
●髪質が太い

この方は髪の間に空間がない状態なので、すいてあげてください!
形をしっかり作り、その分すけば大丈夫です。でもすきバサミだけではダメですね!
(やり方は大事!!)

●くせ毛の方
●乾燥して広がる

該当する方はすかない方がいいです!
髪の間に必要以上のすき間があいていると思います。
クセに関しては生まれつきのクセやエイジングによるクセ、パーマ、どれであろうが関係ありません!

縮毛矯正でボリュームダウンが一番得策です!

広がってしまう方には、シャンプーやトリートメントで重みをつけてあげるべきだと思います!

セルフカットをされる方も最近多いのでぜひご参考までに!

一番はプロに任せて貰いたいですけどねw

南川だいさく